オフィシャルブログ

HOME» オフィシャルブログ »Q&Aコーナー:家を建ててからのメンテナンスはどうしたらいいの?

オフィシャルブログ

Q&Aコーナー:家を建ててからのメンテナンスはどうしたらいいの?

こんにちは、秋山住研の中杉です。
 
今回の「Q&Aコーナー」ですが、メンテナンスに関してはお家を建てられたすべての方が疑問を持ったり不安を感じたりする点ではないでしょうか。私からは秋山住研でのアフターサービスについてご紹介させていただきますね。
 
地域密着型”という強みを持つ私たちは、『住まいの主治医』として住まいのお悩みやSOSに対応しています。ご連絡をいただければ職人がすぐに駆けつける体制を整えているのでご安心ください(-ω☆)
 
さらに秋山住研では、国が定める10年の新築住宅保証制度(※)を10年延長した20年維持型保証システムを採用しています。

点検の内容に関しては、国内最高レベルの検査機関により着工から完了までを全10回に渡り、しっかりとチェックします。お引渡後も第三者検査機関が定期的に点検・検査し20年間の保証をさせて頂きます。
 
保証内容としまして、20年目まですべて無償、20年目以降も有償となりますが延長保証・点検システムがあり、60年以上お家のメンテナンスにご対応させていただいていますv(。・・。)
 
このように秋山住研では、お客様の大切な住まいに安心して住んで頂けるよう、生涯にわたり見守り続けていきます(^o^)/


 
※国が定める新築住宅保証制度とは―
新築住宅の引き渡しの日から10年、構造耐力上必要な部分、雨水の侵入を防止する部分にトラブルが発生した場合、その直接補修費費用、調査費用、仮住まい転居費用などが保険金として支払われる制度。
万が一住宅事業者が倒産等の場合には、国土交通大臣の指定を受けた保険法人へ直接請求が可能です。
2018/02/20

オフィシャルブログ

分類別



 

PAGE TOP