耐震性への思いやり&こだわり

HOME» 耐震性への思いやり&こだわり »地震に強い家

耐震性への思いやり&こだわり

地震に強い家

   
 
 
  建物の基礎には、「高耐久ベタ基礎」を採用。床下全面に太い高耐久の鉄筋を組み、その上からコンクリートを施工。一体となった鉄筋コンクリート面全面で建物を支えます。さらに、3cmも太い基礎幅を確保し、コーナー部分をベース状にすることで安定性と強度を高めています。このように、一体の基礎になることから横揺れ地震に弱いベタ基礎工法の欠点を解消することが可能となります。
また換気対策として、床下基礎部分には通常では使用しない気密パッキンを採用。室内同様の快適環境を保ち湿気や害虫から家を守ります。
 
       
 
 
       
 
   
 
 
  秋山住研では、通し柱をはじめ構造の重要部分に
ドリフトピンと呼ばれる金物で接合する工法を独自に採用しています。

これにより、木造軸組工法でありながら、 鉄骨並みの耐力を実現。
この技術を採用することで大開口窓や広々としたリビングの吹き抜きなど、
木造軸組工法では強度面で困難であった設計にも対応。

空間を安全に自由自在にクリエイトします。

 
    
     
 
   
 
 
  相乗効果で住まいを強固に!2つの工法を組み合わせた「ハイパーモノコック構造」
軸組工法(在来工法)に壁パネル工法(モノコック構造)を組み合わせ、箱の様に一体化するハイパーモノコック工法を採用。地震や台風によって強い外力を受けた場合でも、圧力を面で受け止めてバランスよく分散するので、柱と梁だけの軸組工法に比べて強度がアップ。
建築基準法をはるかに上回る性能を発揮します。
 
 
 
   耐力壁として高性能。地震・台風に強い安全な家に。  
   断熱材がきちんと収まり、冷暖房効率の良い家に。  
   JIS製品で安定した品質性能確保で、安心な家に。  
   シロアリ・腐朽菌の抗力にすぐれた、丈夫な家に。  
   高壁倍率で設計が自由。将来が楽しみな家づくり。  
   地球環境、森林破壊を緩和するやさしい家に。  
   
 
     
   
   
  秋山住研では、「摩擦減震」により木造家屋の倒壊を防ぐゲンシンパッキン「UFO-E」を採用。
大地震のパワーと建物の重みで生じる摩擦で強いブレーキをかけて家屋の揺れを抑える、これが「UFO-E」の摩擦減震です。地震が大きいほどそのブレーキは強くなり、減震効果は大きくなります。
 
     
 
 
  摩擦減震装置「UFO-E」(5分17秒)  
     
   
     
   
  「UFO-E」は、最も地震対策効果が高いと言われる「絶縁工法」を採用しています。この「絶縁工法」は、地震の揺れを抑えるための装置(免震装置)を建物の基礎と土台との間に設置して、揺れを建物に伝えない仕組みです。従来の免震装置は価格が高く取り付け工事も難しかったため、コストが高いことが問題でしたが、「UFO-E」は施工が簡単でコストも1/10に抑えることができます。

また、建物と地面を切り離して減震するため、建物自体を丈夫にした上で、大地震の揺れを小さくすることができます。さらに、建物の一部を地震に強い壁や柱にした場合などに、建物内で荷重・強さ・揺れ方がバラバラになることで建物が損壊する部分共振の心配もありません。
   
     
   
     
  地震が起こると、それまで止まっていた建物と「UFO-E 」の平坦部がぴったりとくっついて動かないようにする摩擦「静止摩擦」が起こります。さらに、地震の揺れで上下のパーツがずれ、摩擦面凸部のでっぱり同士がこすれると、こすれている部分に荷重が集中して、強い力で元の位置に戻ろうとします(「歪摩擦」)。これらの2種類の摩擦がダブルブレーキとなって、 減震効果が高まります。  
     
   
       
 
 
   
   
 
2016/12/06

PAGE TOP