快適性への思いやり&こだわり

HOME» 快適性への思いやり&こだわり »基礎・構造

快適性への思いやり&こだわり

基礎・構造

 
     
   
 
 
 


屋外の熱が外壁を通り断熱材に蓄積しそれが幅射熱として室内に放出されます。


高い透湿性と防水性を保持し、外壁や柱断熱材には熱が蓄積されずに反射されます。
赤外線をやく80%反射する性能があり、断熱材や建材に熱が伝わる前に熱を跳ね返します。
 
     
 
   
 
 

 


住まいの大敵は、木材を腐らせてしまう、恐ろしい壁内結露。
「ハイベストウッド」は、他の面材と比較して透湿抵抗が低く、
壁内の湿気をスムーズに排出し、住宅の耐久性を高めます。

 
 
     
 
   
 
 
 
●新築・リフォーム直後や新しい家具などから発生するホルムアルデヒドを短時間で吸収・分解します。
●一定の条件下で厚生労働省指針値のホルムアルデヒド濃度0.08ppmを上回る0.005ppmの数値を実現します。
●ホルムアルデヒドを科学的に吸収・分解するため再放出しません。
●タバコの煙に含まれるアセトアルデヒドの低減効果も併せ持っています。
●せっこうボードの数々のすぐれた性能をそのまま保持しています。

 
 
     
 
   
 
 
   
  床上30cmに多く漂う花粉やハウスダストを効率的に排気するため、通気口をひざ下位置に設置。床下に設置された「澄家 Eco」本体が冬にはあたたかい地中熱を、夏には冷えた地中熱を室内に送り込む事で、室内を快適に保ちます。

断熱された床下は外気の影響が少なく地中熱の効果もあり1年を通して温度差が少ないまさに天然のエアコン。
さらに、熱交換された清涼な空気によって、快適さを保てます。また、システムを床下に設置することにより、室内に作動音がもれず静かです。
 
     
 
 
     
 
 
   
   
 
2016/12/06

PAGE TOP