オフィシャルブログ

HOME» オフィシャルブログ »家の性能で重要視すべき、「快適性」「耐震性」「耐久性」|兵庫県三木・小野・加東・西脇・神戸 新築・注文住宅なら秋山住研

オフィシャルブログ

家の性能で重要視すべき、「快適性」「耐震性」「耐久性」|兵庫県三木・小野・加東・西脇・神戸 新築・注文住宅なら秋山住研

こんにちは、秋山住研の宮本です!
 
みなさんが家を建てようと思ったときに、最も重要視するポイントは何ですか?
暮らしやすい間取り? 地震に強いしっかりした骨組み? それとも価格でしょうか?
 
どれも大切なポイントですが、秋山住研究が何より大切にしているのは「家の性能」です。
 
家の性能は、快適性耐震性耐久性の3つで評価できると当社では考えています。
私たちが推進する「深呼吸する家」には、この3つが十分に備わっているのです。


 
まず「快適性」についてお話します。
「快適性」とは、「心地よい湿度と、温度差のない環境」から得られるものだと考えています。
 
「高気密・高断熱の家」を想像するかもしれませんが、日本の家づくりにおいては、断熱性と気密性が良いだけでは真の快適さは生まれません。
湿気が多い日本では、調湿性も大切な要素となるからです。
 
湿気対策は、人工的・強制的な24時間換気システムや加湿・除湿器だけでは十分とはいえません。かといってさらに換気をしようと冬場に窓を開ければ暖まった空気は逃げてしまい、断熱効果や省エネ効果、それによる光熱費の節約効果も低くなってしまいます。
 
そこで秋山住研では、家づくりの材料に徹底的にこだわりました。
追求したのは、有害化学物質を出さない、ヒトと環境にやさしい建材で、かつ調湿性能に優れた材料
 
この2つの条件を満たすのは、簡単にいうと「天然素材」で、「深呼吸する家」ではそれらが標準使用されています。
素材の詳細につきましては、これから少しずつご紹介させていただきます。お楽しみに!
2017/05/23

オフィシャルブログ

分類別



 

PAGE TOP