オフィシャルブログ

HOME» オフィシャルブログ »住居を悩ませる結露の仕組みと、対策について

オフィシャルブログ

住居を悩ませる結露の仕組みと、対策について

こんにちは、秋山住研の宮本です!
 
梅雨に入り、じめじめとした天気が続きますね。
実は冬場だけでなく、梅雨の時期も結露がよく現れるのです。


 
「え、結露って夏場は大丈夫じゃないの?」と思った方がいるかもしれませんが、湿度が高く、
エアコンがよく使われる日本では、梅雨の時期をふくむ夏場にも結露が発生
します。
 
そもそも結露はなぜ起こるのでしょうか?
大気には温度ごとに一定の水蒸気の飽和量があり、その飽和量を超えると水蒸気は凝結し、
気体から液体(水)へ姿を変えます。
 
冬場は顕著ですが、室内の温度・湿度が高く、外は寒く乾燥しています。
温度・湿度は高い方から低い方に流れる性質があり、屋内から温度・湿度が低い屋外へ流れようとします。
その際、壁や窓ガラスにぶつかった水蒸気が結露となるわけです。
 
夏は室内がエアコンで冷やされる一方で、太陽の熱で暖められた天井裏などと温度差が生じ、
小屋裏の内側や壁体内などに結露する
ことがあり、これを逆転結露といいます。
 
しかし、結露が生じる可能性があるからといって、エアコンを一切使わないというわけにもいかないですね。
湿度の少ない欧米などに比べ、日本では「湿度を下げると」体感温度が下がり涼しく感じるので、
その点でも調湿性のある材料は有効です。


 
ちなみに、結露は単に水滴がつくだけではなく、放置するとカビが発生し、
アレルギーの原因になるなど健康に被害を及ぼすことも
また木材も腐食し、家の寿命を縮めることにもつながります。
 
私たちが手がけている「深呼吸する家」は、結露にも強いのが特色です。
なぜなら、室内の湿度を調節できる材料(漆喰やコットンクロス、セルローズファイバーなど)を用い、
その上で夏の暑い時期には外気温をブロックし、冬は暖かさを逃がさないような家づくりを
実践している
から。
今までお伝えしてきたことから、これがなぜ結露に対して有効なのかが理解いただけるかと思います。
 
実際の性能はモデルハウスでも体感いただけます。
お気軽にお問い合わせの上、足をお運びください(^o^)

2017/06/22

オフィシャルブログ

分類別



 

PAGE TOP