オフィシャルブログ

HOME» オフィシャルブログ »シックハウス症候群も怖くない! 自然素材の“健康な家”で家族の笑顔を守る。|兵庫県三木市・小野市・加東市・西脇市・加西市・多可町・神戸市の新築注文住宅のことなら株式会社秋山住研へ

オフィシャルブログ

シックハウス症候群も怖くない! 自然素材の“健康な家”で家族の笑顔を守る。|兵庫県三木市・小野市・加東市・西脇市・加西市・多可町・神戸市の新築注文住宅のことなら株式会社秋山住研へ

こんにちは、秋山住研の宮本です!
 
「シックハウス症候群」という言葉を聞いたことはありますか?
建物の建設で利用される接着剤・塗料などに含まれる化学物質や、室内のカビやダニの空気汚染が原因で、「目がチカチカする」「喉が痛い」といった症状が起こる健康障害のことをいいます。
 

 
建築技術が向上し、高気密・高断熱の住宅が増えたことでシックハウス症候群の件数も増え、その対策として国が2003年に建築基準法を改正し、24時間強制換気が義務付けられるようになりました。
  
でも、強制換気だけではきちんと空気を入れ替えられません。
かといって、窓を開けて換気すると快適な空気は逃げてしまい、断熱や光熱費の省エネ効果は半減してしまいます(>_<)
  
そこで秋山住研が開発したのが「深呼吸する家」です。
自然素材である木を原料とする究極の断熱材「セルローズファイバー」を中心に、通気する素材を用い、それを独自の組み合わせで使用することで、家自体の「自然換気=深呼吸」で化学物質を取り除きます。
  
だから、秋山住研の「深呼吸する家」は、夏涼しくて冬暖かい“快適な家”なのはもちろん、シックハウス症候群からご家族のみなさんを守る“健康な家”でもあるわけです。
この「季節を問わず最高の空間をつくり出す」環境が、家族一人ひとりの笑顔にもつながっていきます\(^▽^)/
 

 
2017/08/03

オフィシャルブログ

分類別



 

PAGE TOP