快適性への思いやり&こだわり

HOME» 快適性への思いやり&こだわり »シックハウスはなぜ起こる?

快適性への思いやり&こだわり

シックハウスはなぜ起こる?

 
     
   
 
 
 

シックハウス症候群は、
住まいの内装材や合板などの接着剤、抗菌・ 防カビ加工を施した建材
などから放出される化学物質によるものです。

現在では数十種類の化学物質が使用禁止とされていますが、
規制対象外の物質もまだ多くあるのが現状であり、家具や家電製品、日用品などに
含まれる化学物質もあることを考えると、完全に排除するのは困難といえます。
また、接着剤、薬剤散布などから揮発する化学物質の量は気温が高くなると増えるといわれています。

そこで大切なのは、空気を入れ替え、室内に化学物質をとどめないことです。

過去に、高気密な家(
室内が密閉されて空気を通しにくい状態を「気密」といいます。)で健康被害が多発したことから、24時間強制換気が義務づけられました。しかし強制換気だけではきちんと空気を入れ替えることができず、コストを抑えた第3種換気を用いたり、窓を開ける方法もとられました。
すると今度は、快適な温度・湿度に設定した室内の空気が外へ逃げてしまい、断熱性が低下、光熱費の省エネ効果は半減する、という別の問題が発生したのです。

そこで秋山住研が開発したのが住まいに潜む化学物質を自然換気=呼吸で取り除く、「深呼吸する家」です。自然素材である木を原料とする究極の断熱材「セルローズファイバー」を中心に、今までにあった素材ながら誰も考えなかった組み合わせで使用することにより、住まいそのものが自然に呼吸しながら快適に住まいを包み、季節を問わず最高の空間をつくりだします。
 

 
 
   
 
 
 

室内の化学物質は目や口、鼻、皮膚から体内 に取り込まれます。

大人はもちろんのこと、特に小さなお子様には密閉された空間での
環境が健康に大きく影響してきます。

安心・安全なはずの室内で、
シックハウス症候群になってしまっては悲しいですね。

ほぼすべての方にとって、生涯に1度ともいえる家づくりだからこそ
家族が安心して暮らせる本物の性能にこだわってほしいのです。

 
    
     
 

F☆☆☆☆は実は危険!
規定対象になっているのはホルムアルデヒドとクロルピリホスの2項目だけ、この2つの化学物質を使用していなければ「F☆☆☆☆」の認定が取れてしまいます。
他の有害な化学物質が使用されていても「カラダにやさしい」となってしまうのです。「F☆☆☆☆」だけを目安に家を建てるのは避けるべきです。
※F☆☆☆☆(Fフォースター)とは、JIS製品に表示することが義務づけられている、ホルムアルデヒド投球の最上位規格を示すマークです。




 
     
 
 
   
   
 
2016/12/06

PAGE TOP