耐震性への思いやり&こだわり

HOME» 耐震性への思いやり&こだわり »地震に強い家

耐震性への思いやり&こだわり

地震に強い家

   
 
 
  建物の基礎には、「高耐久ベタ基礎」を採用。床下全面に太い高耐久の鉄筋を組み、その上からコンクリートを施工。一体となった鉄筋コンクリート面全面で建物を支えます。さらに、3cmも太い基礎幅を確保し、コーナー部分をベース状にすることで安定性と強度を高めています。このように、一体の基礎になることから横揺れ地震に弱いベタ基礎工法の欠点を解消することが可能となります。
また換気対策として、床下基礎部分には通常では使用しない気密パッキンを採用。室内同様の快適環境を保ち湿気や害虫から家を守ります。
 
       
 
 
       
 
   
 
 
  秋山住研では、通し柱をはじめ構造の重要部分に
ドリフトピンと呼ばれる金物で接合する工法を独自に採用しています。

これにより、木造軸組工法でありながら、 鉄骨並みの耐力を実現。
この技術を採用することで大開口窓や広々としたリビングの吹き抜きなど、
木造軸組工法では強度面で困難であった設計にも対応。

空間を安全に自由自在にクリエイトします。

 
    
     
 
   
 
 
  相乗効果で住まいを強固に!2つの工法を組み合わせた「ハイパーモノコック構造」
軸組工法(在来工法)に壁パネル工法(モノコック構造)を組み合わせ、箱の様に一体化するハイパーモノコック工法を採用。地震や台風によって強い外力を受けた場合でも、圧力を面で受け止めてバランスよく分散するので、柱と梁だけの軸組工法に比べて強度がアップ。
建築基準法をはるかに上回る性能を発揮します。
 
 
 
   耐力壁として高性能。地震・台風に強い安全な家に。  
   断熱材がきちんと収まり、冷暖房効率の良い家に。  
   JIS製品で安定した品質性能確保で、安心な家に。  
   シロアリ・腐朽菌の抗力にすぐれた、丈夫な家に。  
   高壁倍率で設計が自由。将来が楽しみな家づくり。  
   地球環境、森林破壊を緩和するやさしい家に。  
   
 
     
   
   
  秋山住研では、運動エネルギーを熱エネルギーとして瞬時に吸収・発散する「高減衰ゴム」を使用した制震ユニット「MIRAIE(ミライエ)」を採用。
「MIRAIE(ミライエ)」は、橋梁ケーブルや高層ビルなどの振動を制御する「高減衰ゴム」の技術を生かしたこれからの家づくりの新しい地震対策です。

“伸び縮みする”ゴム最大の耐久性を生かし、本震・余震に対して繰り返し効果を発揮します。
 
     
 
 
  制震ユニット「MIRAIE(ミライエ)」(1分18秒)  
     
   
     
   
  「MIRAIE(ミライエ)」は耐震だけではなく、制震という最新技術も加わった最新の地震対策。
震度7の加震に対して揺れ幅を最大95%低減する効果を発揮します。
「高減衰ゴム」は、「伸び縮みしながら繰り返し使用できる」というゴムが持つ最大の特徴を活かしながら、高いエネルギー吸収性能を持続します。そのため、長期に渡りメンテナンスが不要なので暮らしへの負担となりません。

また、地震エネルギーを吸収するシステムなので、建物の揺れが抑えられ、構造躯体へのダメージが軽減されます。

別の地震対策の1つである免震システムと比較しても、低コストで導入できることも魅力です。

 
   
     
   
     
 
 
  制震ユニット「MIRAIE(ミライエ)」の振動大実験(4分19秒)  
     
  「MIRAIE(ミライエ)」は、地震による外装材の破損・窓ガラスの破損・屋根材の落下・内装材の亀裂など大切な住まいの損傷リスクを軽減します。  
     
   
       
 
 
   
   
 
2016/12/06

PAGE TOP