blog

家づくりコラム

8%→10%に増税!住宅購入時期の見極め方

2018.11.01 / コラム

こんにちは。宮本です!

 

今回は、今、巷を騒がせている消費税について一緒に考えられたらと思います。

 

平成31101日より、消費税率が現行の8%から10%に引き上げられます。

私たちの普段の生活にも大なり小なり影響が出てくることでしょう。

 

そこで!不動産の購入を検討している方々にどう影響が及ぼすのか、

 

また、不動産を購入するタイミングをどのように見極めたらいいのか、

 

などをお伝えできればと思います。

 

 

 

不動産(お家)の購入を検討している方々へ

 

そもそも不動産を購入する際、すべてのものに消費税がかかると思っていませんか?

 

簡単ではありますが、図をご覧ください。

 

 

 

上記のように、まず基本的に課税の対象となるのは建物です。

 

なおかつ、売る側(売主)が業者さん(消費税課税業者)である場合となります。

 

必ずしもというわけではありませんが、

 

    新築の注文住宅

    新築の建売住宅

    新築マンション

    リフォーム済み物件(戸建・マンション問わず)

 

上記の物件は業者様が売主の場合が多いので消費税増税の影響を受けるケースが出てきます。

 

このように、課税のものと非課税のものがあるということを頭の片隅に入れておいてくださいね!

 

 

もし仮に2,000万円の物件を買うとするならば、

 

・消費税8%の場合 2,000万円×1.082,160万円(消費税額 160万円)

 

・消費税10%の場合 2,000万円×1.102,200万円(消費税額 200万円)

 

同じ物件を買うだけで実は40万円もの差が出てきてしまいます。

 

このように、タイミングを逃せば損をする可能性も出てきます。

 

※損をすると言いましたが、損ばかりではありません。

 

実は、消費税増税の際には必ず国も何らかの補助をしてくれます。

 

詳細については別途こちらでご確認ください(クリック

 

上記のタイミングとはどういうタイミングなのか。

 

こちらも簡単に図にまとめさせていただきました。

 

 

 

上記の図のように、8%の税率で不動産(お家)を購入しようと思うと

 

・平成31331日までに『契約』をする

 

・もしくは平成31931日までに『引渡し』を受ける

 

のどちらかとなります。

 

余談ですが、前回の5%から8%に引き上げる際には「駆け込み需要」が多発しました。

 

 

*「駆け込み需要」とは

 

消費税増税となる前に購入(需要)をすませてしまおうとする消費者様が殺到する状態を言います。

 

 

今回も恐らく来年の年明けから夏頃までがピークになるのではないかと予想されております。

 

このように、消費税増税は不動産を購入する方々に影響を及ぼします。

 

不動産を購入するタイミングをどのように見極めたらいいのか、、、

 

一言でいったら、不動産(お家)購入のタイミングは人によって違います!

 

前述した内容はどうした!と思うかもしれませんが、

 

 

収入によって消費税が10%になってから購入した方がお得なこともあります。

 

 

*なぜ?と思われた方はこちらをご覧ください(クリック

 

 

 

しかしながら、

 

 

不動産を購入するにあたり良い物件があれば早めに購入したほうがお得なことはいうまでもありません。

 

 

また、2018年に入り、住宅ローン金利が上昇の兆しをみせつつあります。

 

 

どのタイミングで買えばいいのかでお悩みの方や不動産購入を検討してる方は、

 

 

この機会に

 

 

不動産購入を検討してる人は、専門家に聞いてみてじっくり考えるのがいいでしょう。

 

 

あくまでも消費税の増加は避けられない事ですが、

 

 

補助金などの対策も頭に入れながら賢く、マイホーム計画を進めていきましょう。

 

 

私たちもお手伝いさせて頂きます!

 

 

 

  • PREV
    こきゅうちゃんが行く!お家の間取り・サイズを徹底解説! ~収納スペースの作り方~
    2018.10.30 / コラム

    こきゅうちゃんが行く!お家の間取り・サイズを徹底解説! ~収納スペースの作り方~

  • NEXT
    知って得する!お家とお金♪
    2018.11.01 / コラム

    知って得する!お家とお金♪

ページトップへ ページトップへ