blog

スタッフブログ

秋山住研の「深呼吸する家」はヒートショックの危険から命を守ります

2018.12.06 / コラム
秋山住研の「深呼吸する家」はヒートショックの危険から命を守ります

こんにちは、秋山住研の宮本です!

前回、ヒートショックについてお話しましたが、今回はヒートショックの予防をご紹介したいと思います(*^-^)/

まず、温度差の大きい脱衣所やトイレは使う前に暖めておきましょう
小型の暖房器(温風式)を備えたり、風呂場の床にスノコやマットを敷いたりするだけでも随分と違うんですよ(*^^*)
暖房がない場合は、浴室を開けてシャワーから浴槽にお湯をはったり、浴槽のふたを開けておいたりすると寒暖差がなくなります。

入浴は40℃未満のぬるめのお湯に入り、長湯を避け、冷え込む深夜ではなく、早めの時間に入浴するように心がけてみてください。

心臓に関する持病がある人や高血圧の人には半身浴がおすすめ(*’-‘*)
肩が寒いときは、お湯で温めたタオルをかけてくださいね♪

冬の寒い日でも家全体が均一に快適な温度であれば、ヒートショックは起きません

秋山住研の「深呼吸する家」は、高気密・高断熱・高透湿の家

適切な断熱材を取り入れ年中快適な室温でヒートショックから身を守ります

実際の性能や具体的な断熱材はモデルハウスでも体感いただけます。
お気軽にお問い合わせの上、足をお運びください(*^-^)/

  • PREV
    寒い季節に起こる「ヒートショック」の怖さとは
    2018.12.04 / コラム

    寒い季節に起こる「ヒートショック」の怖さとは

  • NEXT
    続々上棟しています
    2018.12.09 / 工事現場

    続々上棟しています

秋山住研の家を体感い
ただけます。ご来場はお気軽
にどうぞ♪
ページトップへ ページトップへ