blog

スタッフブログ

「土地が欲しい。でも、勇気が出ない。」

2019.03.05 / コラム
「土地が欲しい。でも、勇気が出ない。」

家を建てよう――。

夫の正紀と話し合って決めたあの日から、村井静香は何をするにも自然と土地に目が行くようになった。

あの土地は住居専用だろか。
この土地は大通りに面していないから静かそう。

幼稚園の年中になる息子・隼人の手を引き、幼稚園のバス停まで歩きながら、隼人が小学校に上がるまでには家を完成させたいと、ふと思う。
通わせたい小学校は決まっている。公立の小学校で、静香は個性を大切にするその教育方針を気に入っている。
ママ友の評判も良い。だから、その小学校に通えるエリアで土地を探したいのだ。

家事や育児の空き時間に、不動産売買情報のポータルサイトで気になる土地をチェックするものの、どうしても問い合わせメールを送る勇気が出ない。不動産仲介業者も魅力的な土地だけを掲載しているわけではないだろうと悩んでしまうのだ。

正紀は通勤時間を利用してサイトをこまめにチェックしている。
だが、静香と同じく、問い合わせできずにいる

「問い合わせたら何かが始まってしまうと思うと、あと一歩が出ないね」
「わかる。私ら、似た者同士のびびり夫婦だよね。みんなどうやって探してるんだろうね」
「サイトに書かれている不動産情報も、俺らにとって何が魅力的なのか、よくわからないよね」
「どこで土地を買うのがいいのかも謎だよね」

幸い、今は二人とも戸惑いながらも楽しめているからいい。
だが、問い合わせる勇気をいつ持てるのだろう。

※このお話は一般的に寄せられる家づくりへの想いや悩みを物語風にアレンジしたものです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

  • PREV
    知って得する!お家とお金♪ -Part5-
    2019.03.01 / コラム

    知って得する!お家とお金♪ -Part5-

  • NEXT
    「迫りくる決断の時」
    2019.03.07 / コラム

    「迫りくる決断の時」

秋山住研の家を体感い
ただけます。ご来場はお気軽
にどうぞ♪
ページトップへ ページトップへ