blog

スタッフブログ

営業に聞いてみた!共感できる第三者の存在が重要

2019.03.28 / コラム
営業に聞いてみた!共感できる第三者の存在が重要

こんにちは、秋山住研のこきゅうちゃんです!

3月は「土地探しってどうやったらいいの?」という方に向け、少しでもお役に立てるような情報をお届けしてきました。

今回は、土地探しにおける心構えや秋山住研だからこそ可能な土地の提案について、弊社の増田に迫ります。

――土地探しにおいて、まず何を軸にして探し始めればよいのでしょうか。

交通の利便性や買い物環境、周辺環境など、お客様によって価値観は様々ですが、まず土地の「価格」と「大きさ」を軸に考えていただくと探しやすいかと思います。

土地を探されている方の最終目標は「お家を建てること」であって、土地を買うことではありません。
土地に予算をかけ過ぎると大切なお家にお金をかけられなくなることもありますから、お客様一人ひとりの資金計画に合った価格の土地を探すことが重要になります。

――「価格」と「大きさ」を軸にしても、やはり周辺環境や利便性など、他のこだわりも持ち始めてしまいますよね。

そうですね。お客様のこだわりやお悩み、ご不安はそれぞれです。
そういったものを踏まえた上で、土地探しで悩まれる方や土地探しからお家づくりをスタートされる方には、弊社でお家を建てられたお施主様の声を聞いていただく機会を設けています。

土地探しをされる方、お家づくりを始められる方にとって、悩みや不安に共感してくれる第三者の存在って非常に重要だと思うんです。
ですから、ご希望のエリア近くにお住いのお施主様や、似たような形の土地にお家を建てられたお施主様に私たちがアポイントを取り、お客様と一緒に訪問しいろんなお話をしていただくようにしています。

――お施主様に直接、正直にいろんなことを聞ける場、営業には言いにくいことも尋ねられるというイメージですか?

はい。フリートークです。
私たち営業は、その場で会話に参加することはほとんどありません。お施主様のお子様の相手をしていることが多いですね。

私たちはこれを『OB様宅訪問』と呼んでいますが、こうした訪問&フリートークは、お施主様と関係構築ができている秋山住研だからこそ可能な土地の探し方と言えるかもしれませんね。

――不安点を解消していく過程を大切にされているんですね。

お客様のお話をうかがう中で、不安を安心に変えられる材料をたくさん見つける、それをきちんと伝えるというのが秋山住研の家づくりのポリシーですから。

土地に不安や課題があっても、お家でそれらを喜びや満足に変えていくことができるんです。
土地とお家とトータルで、100%、120%の満足感を得ていただきたいと思っていますし、そのための苦労を、私たちは厭いません。

秋山住研で120%の幸せな家づくりを想像していただけたら嬉しいですね。

  • PREV
    施工事例S様邸「家族の繋がりを感じられるお家」
    2019.03.26 / コラム

    施工事例S様邸「家族の繋がりを感じられるお家」

  • NEXT
    「家族の変化と収納不足」
    2019.04.02 / コラム

    「家族の変化と収納不足」

秋山住研の家を体感い
ただけます。ご来場はお気軽
にどうぞ♪
ページトップへ ページトップへ