blog

スタッフブログ

動線と収納のバランス

2019.04.12 / コラム
動線と収納のバランス

こんにちは、秋山住研の設計コーディネーター・梶原です!

 

間取りを考えていく際は、まずご家族の理想に近いものにしていくと思います。

インターネットで検索したり、モデルハウスを参考にしたり、完成見学会でお気に入りを見つけたり……♪

 

家の中での作業のしやすさ、家族間のコミュニケーションの取りやすさ、など優先順位は人それぞれですが、基本的に動線が短いほうが移動の少ない使いやすい間取りとなります。

 

 

しかし、お家を建てる土地の広さには限りがありますので、動線の短さを優先すればするほど、収納は減ることになります

 

例えば、ホールから入れるファミリークローゼットがあるお家を想像してみてください。

このファミリークローゼットにキッチンからも入れるようにしようとすると、クローゼットにもう一カ所、扉を付ける必要が出てきます。

そのために、ハンガーパイプを1本減らすことになるかもしれません。

 

 

つまり、収納に使えていた空間が動線を増やすことによって少なくなるというわけです。

 

先ほどの例では動線から収納を捉えましたが、今度は洗面室を例に収納から動線を見てみましょう。

 

洗面室にタオル類だけを置きたいという方であれば、半間(はんげん)分の収納で十分、動線も洗面室内のみで完結します。

しかし、「家族分の下着やパジャマも置きたい」となると洗面室内だけでは難しくなり、「洗面室+1畳収納」という間取りにすることもあります。

 

この場合、収納が増える分、動線が長くなるか、別の場所のスペースが少なくなることがわかりますね。

 

 

このように、動線と収納は大きく関係していてバランスがとっても大切なんです(^^)

 

もし間取り案をお持ちの方であれば、実際に動線を書き込んでみてください。

すると、その間取りの快適さや便利さが現実味を帯びてくることでしょう(o^-‘)b

 

動線を優先して家事を効率的にしたいのか、収納を増やして家事のストレスを減らしたいのか、そのバランスを考えながら、理想の間取りへと近づけてみてくださいね(*^^*)

秋山住研の家を体感い
ただけます。ご来場はお気軽
にどうぞ♪
ページトップへ ページトップへ