event

見学会・セミナー情報

見て!触れて!遊べる! 木育イベント@道の駅みき

期間限定開催
道の駅みき 2階会議室
開催日時 :2020年12月19日(土)
見て!触れて!遊べる! 木育イベント@道の駅みき

コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、

下記徹底の上、イベントを実施いたします。

 

  1. 会場内での入場者数制限の実施
  2. 混雑時の時間制入替の実施
  3. 入退場時のアルコール消毒の実施

 

ご来場の方々にはご不便をおかけいたしますが、

上記ご理解・ご協力の程、

何卒よろしくお願いいたします。

 

イベント概要

「木育」とは?

「木育」という言葉は、

2004年に北海道で生まれた言葉、

と言われています。

 

それ以降、様々な場所・様々な観点から

この言葉は使われるようになりました。

 

私たちは、「木育」という言葉を

「木(≒自然)を通じて育つ」と解釈し、

 

子どもたちが安心して、

普段できないような遊びができる場を作りたい

 

と考えています。

 

何ができるイベントなのか

 

子どもたちの遊ぶおもちゃというと、

昔は木のおもちゃが中心だったけれど、

年々とプラスチックや樹脂製のおもちゃなど、

様々な素材のおもちゃが増えてきました。

 

当イベント会場では、

昔ながらのおもちゃをはじめ、

たくさんの木のおもちゃで遊んでいただけます

 

ご予約はこちら

 

木のおもちゃで遊ぶメリット

 

触るとなめらかで少し温もりを感じ、

使い込めば使い込むほどに、

色の変化で味わいが出る木のおもちゃ。

 

実は、木のおもちゃで遊ぶことには、

たくさんのメリットがあるんです。

 

木の音が聴覚の基礎を育む

 

例えば、「音」

 

木と木がぶつかり合う音は、

聴くだけで安心感を与えてくれる

そんな効果があります。

 

また、木の種類によって硬さが異なるため、

ぶつかる木の種類で音も変わってきます。

 

そんな木のおもちゃで幼少期から遊ぶことは、

聴覚をつくっていく上でも良いものです。

 

木の形が思考力や想像力を育む

 

木のおもちゃは、デザインや形状が、

とてもシンプルに作られているものが多いです。

 

大人から見ると、パズルのように、

そのおもちゃの正解の遊び方しかできない、

と感じるかもしれませんが、

子どもからすると、シンプルであるからこそ、

遊び方は無限大に広がると言われています。

 

複雑な動きをするおもちゃであったとしても、

常に同じようにしか動かないものでは、

いつかは飽きてしまいます。

 

その反面、シンプルな形状の木のおもちゃは、

自分で動かし

自分で考え

自分で創造しながら遊ぶことができます。

 

自分たちの五感を全力で使って、

楽しい遊び方を見つける。

 

この経験が、子どもたちの想像力や思考力を

育んでいきます

 

ご予約はこちら

 

開催概要

開催日時

【日時】2020年12月19日(土) 11:00~17:00

【場所】兵庫県三木市福井2426番

道の駅みき 2階会議室

 

事前予約の方法

当日、ご来場のお時間がすでに分かる方は、

事前予約も承っております。

 

予約方法は、

予約画面

 

もしくは

 

0794-82-8540 

 

までご連絡くださいませ。

access & information


TEL:0794-82-8540

TEL:0794-82-8540

(受付時間 10:00~18:00 / 定休日 定休日無し)

googleマップで開く